Movie Life Is A Party !

🌹ひたすら魅力的なヒロインを探し続けるブログ

【“超清純派ヒロイン”初音映莉子!『エコエコアザラク』佐伯日菜子も登場】うずまき(2000) - 感想

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

うずまき(2000)

女子高生・桐絵の住む黒渦町の高校で、ひとりの男子生徒が螺旋階段から落ちて死亡するという事件が起こった。そして、それを機に町では『うずまき』を巡る数々の奇怪な事件が起こる。桐絵のボーイフレンドである秀一の父親がうずまき状の物の蒐集にハマった揚げ句、自らの体を洗濯機の中に入れて自殺したり、うずまきの恐怖に怯える秀一の母親が体中のうずまき状のもの(指紋や旋毛など)をそぎ落として自殺したり、火葬場の煙が渦を巻いたり、クラスメイトの関野の髪が異常なほどカールしたり、生徒がヒトマイマイと呼ばれるカタツムリになってしまったり……。

(引用:うずまき(2000) : 作品情報 - 映画.com)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

DVDに書いてある、

 

 「ああ、きもちわるくて、きもちいい。」

 

ってキャッチフレーズ好きだな。

 

 

今回取り上げるのは、2000年公開のホラー映画『うずまき』です。

『エコエコアザラク』の佐伯日菜子さんの出演作品を調べる中、

この作品に興味を持って何とな~く見てみたんですが、これがなかなか面白かった!

 

la-vie-en.hatenablog.com

 

 

ジャンルはホラーとしましたが、心霊系やグロ系的なガチホラーではなく、

どこかファンタジー(?)な雰囲気でしたね。

それでも多少は気持ち悪いシーンもありますが・・・まあ大した事はないです。

 

全体的にシュールな作品で、ストーリー的には『世にも奇妙な物語』にありそう。

登場人物も個性的な面々が勢ぞろいしていて、

大杉漣さん、阿部サダヲさん、手塚とおるさん達の怪演が見どころかと。

特に大杉漣さんの、“うずまき”に憑りつかれて、おかしくなった演技が凄い。

かたつむりを長時間眺めていたり、家にナルトが無くてブチ切れたり、

しまいには目玉をぐるぐる回転させ始めたりと、シュールの極みですw

 

 

そんな中、私が一番注目したのは、何と言っても主役の五島桐絵(演:初音映莉子)。

彼女がとっても魅力的なヒロインで惚れました。

 

★初音映莉子

 

桐絵ちゃんのキャラクターが、

『時をかける少女』の原田知世さんチック(適当)で、

80年代映画ヒロインのような雰囲気を醸し出す、超が付くほどの清純派。

終始「何て良い子なんだろう・・・♡」と思いながら鑑賞してましたw

 

彼女の演技、話し方は正直、、、、、まだちょっと下手慣れてないというか、

“演技してます感”が出ているんですが、

それが初々しくて、逆に魅力的に見えて萌えてしまう(爆)

夜にアルバムを見ていて、眠たそうにするシーンとか、

そのまま「ふあ~~。」って漫画みたいにセリフを言ったりしてます。

もう可愛くて仕方ない。

前に『GUZOO』って映画を紹介しましたが、

あの作品に出ていた女の子達と似たような喋り方です。。。

 

la-vie-en.hatenablog.com

 

 

ビジュアルも可愛らしくて終始癒されていました。

桐絵ちゃんを演じる初音映莉子さん。

個人的には高橋ひかるちゃん系のルックスだと思うんですが、どうでしょう。

そしてスタイルも良いですねー。美脚だし。

中盤、体育の授業シーンでは、体操着(ブルマ)姿の桐絵ちゃんが見れます。

これがまた非常に目の保養になりましたわ()

・・・はい、そんな目線でホラー映画を見ております(笑)

 

そんな清純派美少女が主役のファンタジーホラー。

そういえば序盤(雲行きが怪しくなる前)の、ほのぼのとした空気感は、

美少女ホラー映画の傑作『HOUSE』を彷彿とさせました。

もしかしたらスタッフが意識しているのかも。

 

 

そして、本来の目的だった佐伯日菜子さんはというと・・・

関野さんという目立ちたがり屋で派手な女の子を演じているのですが、

彼女がまた個性的すぎる役柄で衝撃を受けたw

そのビジュアルといい、喋り方といい・・・漫画のキャラクター感がすげえ。

 

今まで私は『エコエコアザラク』や『ねらわれた学園』のような、

ミステリアスでクールなイメージの佐伯日菜子さんばかり見てきたので、

今作の役はなかなかビックリしました。

関野さんの出番は少ないけど、インパクトはデカいので要注目。

 

 

いつもの事ですが、「感想」とタイトルに付けてるのに、

物語の内容に関する話を全然してませんね(汗)

まあ、これからもこの調子でやっていきますが・・・ 

 

内容は万人ウケしないでしょうけど、個人的には好きな一本になりました。

ぜひ見てみて下さい。

 

 

★『うずまき』DVD

 

 

 

🌹関連作品↓↓↓

 

      

 

 

 

 

 

 

【釈由美子のアクション炸裂!特撮出身者も多数出演】KIRI‐「職業・殺し屋。」外伝‐(2015) - 感想

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

KIRI‐「職業・殺し屋。」外伝‐(2015)

美しきヒロインのダイナミックアクションが炸裂する本格アクション映画が誕生した!! その名は『KIRI―「職業・殺し屋。」外伝―』。 主演は、女優・釈由美子。「修羅雪姫」以来封印していた本格アクションに挑戦する。 タッグを組むのは、ハリウッド仕込みのアクションで国内外の特撮・アクション界で絶大な支持を誇る監督・坂本浩一。 原案は「ヤングアニマル」(白泉社)で連載されたバイオレンス漫画「職業・殺し屋。」(西川秀明著)。単行本累計130万部を突破したヒット作品のクールでハードな世界観と、キャラクターを借り、孤高の女暗殺者・キリの物語が紡ぎだされる!(C) 2015東映ビデオ/エクセレントフィルムズ

(引用 : Amazon Prime Videoより)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

釈由美子さん主演のアクション映画『KIRI‐「職業・殺し屋。」外伝‐』です。

この作品は劇場公開時に見に行きました。

 

平成仮面ライダーシリーズ等の特撮ドラマでお馴染みの坂本監督に加え、

特撮作品出身者が多数出演している映画で、

その方面の趣味の人を釣る気満々の作品です(笑)

あとは女性アクション好きにはオススメできます。

 

特撮&女性アクションに興味のある(私のような)人間は見て損は無いはず。

 

 

🌹らびあん的オススメポイント↓↓↓

●主演・釈由美子のクールなアクション!

●“緊迫の1分30秒”特訓シーンがヤバい

●美しき殺し屋たち!小宮有紗&水崎綾女

●狂気の美女暗殺者・文音

●豪華共演!特撮出身者が多数登場

 

 

 

 

映画「KIRI-『職業・殺し屋。』外伝-」予告編

www.youtube.com

 

 

●主演・釈由美子のクールなアクション!

 

釈由美子さんと言えば、つい最近、

仮面ライダージオウでマンホールを駆使して戦っていたのが記憶に新しいw

この映画は彼女が演じる殺し屋・キリのアクションを見るための作品。

 

キリは幼い頃からプロの暗殺者として育てられてきました。

暗殺組織のボス(演:倉田保昭)の指令で殺し屋稼業をする傍ら、

かつて一緒に特訓していた妹分のルイ(演:文音)の世話をしています。

以前にルイとその母親(演:大西結花)は事件に巻き込まれて、

何者かによってルイは声と右腕を失い、母親は惨殺されました。

復讐するためにキリはその犯人を探し続けています。

 

黒いレザースーツを身にまとい、クールに“仕事”をこなすキリ。

主にナイフを使用した戦闘を披露していますが、

素手によるアクションもかなり多い。

特に終盤、手に汗握る怒涛のアクションが繰り広げられます。

ほんとに“釈由美子”を思う存分堪能できますよ(笑)

 

 

●“緊迫の1分30秒”特訓シーンがヤバい

 

そんなキリが中盤、白いタンクトップ着て、

(汗だくで)特訓をやってるシーンがあるんです。

これがとにかくエロい。そして長い。

1分30秒くらいでしょうか?

 

監督が監督なだけに“そういう”シーンが多いのですが、

この場面に関してはやったら長くて長くてウケた(笑)

途中「我々は一体何を見せられているんだ・・・」という感覚になるので必見。

 

まあこのようにセクシーな場面も多々あるのですが、そっち系はかなり抑え気味です。

私は原作漫画の『職業・殺し屋。』を読んだ事がありますが・・・

原作通りにやろうとすると、とてもPG12じゃ済まないでしょうな(笑)

 

★『職業・殺し屋。』(1)  Kindle版

 

 

●美しき殺し屋たち!小宮有紗&水崎綾女

 

本作にはキリの他にも職業・殺し屋のメンバーが多数登場します。

中でも2人の美女暗殺者に注目したい。

 

靴に仕込んだ刃で敵を斬り刻む殺し屋・メグミ役に小宮有紗ちゃん。

メグミは殺しに性的快楽を覚える危険人物ですが、

普段は同じ職業・殺し屋のリョウ(演:久保田悠来)と同じ会社に勤める、

しがない会社員。

可愛らしい小宮有紗ちゃんのイメージとは違うセクシーな演技が見どころ。

 

そして締め技を使う殺し屋・シオリ役に水崎綾女さん。

こちらは原作で戦闘能力は皆無のキャラクターだったので、

だいぶ原作寄りのメグミと違って、かなり違和感はあるのですが、

いつもは普通の主婦であるという点は共通していますね。

 

戦闘シーン自体は少なめですが、両者ともアクション経験があるからか、

キリの釈由美子さんと同じく見ごたえのある動きを魅せてくれています。

 

 

●狂気の美女暗殺者・文音

 

アクションスター・志穂美悦子さんの長女である文音さん。

私はこの映画で初めて知ったのですが、彼女が演じるルイにも注目して頂きたい。

スタイルが良いし、アクションが映えますね。

 

ルイは二重人格者であり、普段の優しい性格と正反対な、

容赦なく人を殺める狂気の面を持っています。

失った右手の部位に刃を仕込んでおり、それと肉弾戦を駆使した戦闘を行う。

キリを圧倒する高い戦闘能力を誇ります。

 

彼女のビジュアル、キャラクターがかなり好み!

正直、映画の登場人物では釈由美子さんのキリ以上に好きですわ。。。

 

あと名前が分からないのですが、

ルイの幼い頃を演じていた女の子もなかなか好きです。

可愛らしいし、この二面性のある演技が抜群に上手かったと思う。

また飼っていた猫を殺してしまい、

白い衣装に返り血を浴びていたシーン(絵面)がインパクトあって良かったね。

『魔夏少女』を彷彿とさせましたよ。


la-vie-en.hatenablog.com

 

 

●豪華共演!特撮出身者が多数登場

 

『ゴジラ×メカゴジラ』(2002)の釈由美子さん、

『仮面ライダー鎧武/ガイム』(2013~2014)の久保田悠来さん、

『特命戦隊ゴーバスターズ』(2012~2013)の小宮有紗ちゃん、水崎綾女さん、

『フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』(2011)の荒井敦史さん・・・等々。

 

とにかく特撮系が好きな人なら馴染みのあるメンバーばかりが揃ってます(笑)

極めつけは仮面ライダーやウルトラマンの監督を務めたきた坂本浩一さんですし。

 

特撮作品ではないものの、やたら特撮色が強い映画。

それがこの『KIRI‐「職業・殺し屋。」外伝‐』です。

 

 

★Prime Video   ★DVD

  

 

 

 

🌹関連作品↓↓↓

 

★lecca『Shine』(収録アルバム)

映画主題歌。なかなか好きな曲です。

 

 

      

 

 

 

 🌹関連記事↓↓↓

 

la-vie-en.hatenablog.com

 

以前紹介したこの作品もルイのような多重人格がテーマでしたね。

 

 

 

 

 

 

 

【加奈江ちゃんの狂気に痺れる】拝み屋怪談Ⅱ 第6話 - 感想

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

拝み屋怪談Ⅱ 第6話

加奈江と対面した郷内は、実家の自分の部屋にいた。そこで加奈江は、自分が何者であるかを郷内に明かす。以前相談に訪れた視える女性から、郷内宛に恐ろしい内容のメールが届く。仏壇の怪異は父親から息子へ連鎖し、息子は会社に行くふりをして森へ向かう。

(引用:ドラマ「拝み屋怪談Ⅱ」(BSテレ東)の番組情報ページ | テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式))

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

🌹今週のお話↓↓↓

●不滅の少女

●続・世界の外のどこへでも

●異話 四

 

 

ドラマ『拝み屋怪談II』第6話予告映像

www.youtube.com

 

 

●不滅の少女

 

「残念でした!」

ぴょんと飛び出す加奈江ちゃん(演:鎌田らい樹)が可愛いかった。

 

ヤバい。何となく見始めたけど想像以上に面白いぞこのドラマ。

第6話は郷内(演:藤田富)と加奈江ちゃんの対決が本格化します。

彼女の暴走はますます過激になってきましたね。

 

「私たち同じ存在なんだよ」

郷内がかつて自分で望んで生み出した“加奈江”の正体は、

彼自身である事が語られます。

ここ、2人の“ハモリ”が凄かったな。

 

「やっぱりお前とはいられない」

と真弓さん(演:北原里英)から貰ったキーホルダーを握りしめる郷内に、

加奈江ちゃんは「どういうこと?」と真顔(若干涙目)で返すのですが、

このシーンの美少女っぷりにドキッとしましたね()

 

その後、どこから飛んできたのか分からないけど、スタッと着地する加奈江ちゃん。

着地後にポーズをキメている(?)のが可愛い。

再度郷内の前に現れ、どこまでもどこまでも彼を追ってきます。

 

「見~つけた♡」

グサッと笑顔で彼の背中を突き刺す加奈江ちゃん。

追い詰められたその時、

荒れた社からシャドーボールが発射され、彼女を吹き飛ばしました。

この場面が唐突すぎて何か笑ってしまったけどw

神様が守ってくれたという事でしょう。

 

いや~~~加奈江ちゃんの“狂気の暗殺者”感がたまらないですね。

 

 

●続・世界の外のどこへでも

 

先週登場したオカルト女性・吉崎さんのお話。

郷内は夢の中、森で彼女の姿を見て追おうとすると、

後ろから加奈江ちゃんが現れて背中を刺します(またかよ)

 

夢から目を覚ますと、吉崎さんから痛い長文メールが送られてきていて、

気持ち悪がる郷内。

彼女は望み通り“脳の花”を開いて、

ありとあらゆるものが視えるようになったらしい。

その後、生霊なのか何なのか分かりませんが、吉崎さんの姿を見る郷内。

このシーン不気味過ぎる(笑)

 

「大丈夫?」と郷内を心配する真弓さん。

そうですよね。色々大丈夫なんだろうか、この主人公は・・・

加奈江ちゃんの件にしろ、精神的にだいぶ病んでいるように思える。

 

 

●異話 四


尾室さん・・・ではなく靖彦さん(演:柴田明良)は、

あれ以来、会社に行くふりをしては森に通ってペロペロしてるんですね。

奥さんにその様子を見られている事に気づいても、意に介さずペロペロ。

彼女は夫の変態行為を見て、拝み屋に相談する事に。

おおーーー!ここで本筋と話が繋がってくるわけですね!

 

その当の拝み屋・郷内はというと、

突然真弓さんの姿が消えてしまった事に困惑していた。

どうやら加奈江ちゃんが連れ去ったらしい。

 

 

ドラマ『拝み屋怪談II』第7話予告映像

www.youtube.com

 

加奈江ちゃんとの対決はまだ続くみたいですが、

「最期の対決」ってあるから、いよいよ決着が付くのかも。

刃物を突き付けられる真弓さん・・・どうなるんやろ。。。

 

0:06 の叫ぶ郷内は何があったんだ。

それにしても、藤田富さんは何かこういう感情を爆発させる演技が似合いすぎますね。

アマゾンズを見たせいでそう思うのかもしれませんが(笑)