Movie Life Is A Party !

★魅力的なヒロインを探して。 ★“女性アクション”“美少女ホラー”映画メインで紹介します♪

【“血みどろ”女子高生サイキックアクション!】The Witch 魔女 - 感想

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

The Witch 魔女(2018)
ある特殊な施設で育ったジャユン。8歳のときに逃げ出し、記憶を失ったジャユンは助けてくれた酪農家の娘として暮らすことに。そして、10年余の歳月が過ぎ、ジャユンは頭に異変を感じるようになる。手術費用と経済状況が厳しい養父母のため賞金が出る歌のオーディションを受けることを決意。しかし、テレビ番組で、あるマジックを披露したことで謎の男たちから追われることになる…!(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

(引用:Amazonプライムビデオより)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

韓国の映画『The Witch 魔女』を見ました!

ちょっと気になっていた作品。

前回紹介した『テルマ』と同じく、女の子が覚醒して超能力を使う話・・・

というトコロは共通してるかもしれませんね~。

まあ、そこだけなんですけどw

 

la-vie-en.hatenablog.com

 

★『テルマ』(2017)

 

 

🌹らびあん的オススメポイント↓↓↓

●女子高生の血みどろアクション!

●まるで少年漫画!?能力者バトル

●敵キャラも魅力的!紅一点の女戦士♡

“魔女”・・・その本当の意味とは?

●続編にも期待!

 

最初に予告編を見て、間違いなく自分好みの映画だろうと確信。

実際に見て大当たりでした。

ただ感想を書こうとすると、なかなかネタバレを避けるのが難しいというか・・・

それが嫌という方はぜひ引き返してもらえたら嬉しいです。

 

Amazonプライムビデオ↓↓↓

 

Blu-ray↓↓↓

 

 

●女子高生の血みどろアクション!

主人公・ジャユンは酪農家の家庭で暮らす女子高生。

幼い頃に“ある組織”から逃げてきて、ここの両親に拾われるのですが、

以前の記憶を失っています。

パッと見は可愛らしい普通の女の子。

ある日、友人が組織の男たちに人質として捉えられます。

ナイフが友人の首に突きつけられた瞬間!

物凄いスピードで拳銃を奪い周りの男たちを正確に撃ち抜き、

続いてナイフで敵を仕留めていきます。

彼女はとんでもない戦闘能力の持ち主だった!!

 

何と言っても主人公・ジャユンのアクションが魅力的な本作。

序盤では家族や友人との平穏なドラマが描かれているだけに、

終盤に本来の力を発揮し、敵を容赦なく葬って返り血を浴びる姿が映える映える。

血みどろの姿で笑みを浮かべる様は狂気すら感じますね

このギャップが怖くてたまらない。

 

 

●まるで少年漫画!?能力者バトル

実はジャユンは組織の遺伝子操作によって作られた“人造人間”。

同じ境遇で誕生した子供たちは数人おり、ジャユンはその中でも特に優秀でした。

彼女含め、この人造人間たちは、驚異的な身体能力の高さ&回復力のみならず、

超能力(物体を動かす)も使う事ができます。

さながらスターウォーズの“フォース”のように、

落ちた拳銃を手まで持ってくる、壁を動かして盾にする等のシーンがあった。

 

良いと思った点は、ジャユンにしろ、彼女を狙う同じ戦闘員にしろ、

肉弾戦主体で戦ってくれた事ですかね。

こういうジャンルの作品は、

相手を超能力で吹っ飛ばしたりし合うだけに終わるようなモノもあるのですが、

魔女』に関しては、あくまで殴る蹴る、刃物で攻撃する等がメイン。

そこに超能力をプラスして戦うような殺陣で、魅せ方に好感が持てました。

 

それにしても「遺伝子操作によって生まれた特殊能力を持つ子ども」という設定。

前に映画館で見た『ストレイヤーズクロニクル』(2015)を思い出しました。

あの映画はより“能力者バトル感”がありましたね。

賛否分かれる作品ですが、私は割と好きだったりする。

 

★『ストレイヤーズクロニクル』(2015)

 

 

●敵キャラも魅力的!紅一点の女戦士♡

過去に極秘実験によって生まれた(ジャユン以外の)4人の超能力集団の中に、

キル・ビルGOGO夕張チックな雰囲気の女性戦士がいてめっちゃ気になった。

彼女は主に腰に備えた2本のナイフで戦います。

 

人造人間には、第1世代と第2世代が存在します。

ジャユンとこの4人は後者で、前者よりもはるかに強い力を持っています。

第1世代は彼らを危険とみなして、殺そうと画策。多数の兵士を送り込みます。

が、次々と返り討ちにあってしまう。

兵士たちをバッサバッサと斬り倒す、この女戦士のアクションがたまらなかった。

もうね、そのビジュアルが私の“(へき)”に突き刺さるというか(笑)

出番はそこまで多くないですが、マジで必見です。

 

 

“魔女”・・・その本当の意味とは?

タイトルにもなっている『魔女』。

人造人間たちの中でも最も優秀だったジャユンは、

その能力自体に恐れられて“魔女”と呼ばれているのかと、、、最初は思ってました。

でも、それだけが理由では無くて、彼女のキャラクターからそう呼ばれている感じ。

 

あの普通の女子高生から、容赦なく人を殺す戦闘マシーンになるギャップ。 

そして、終盤で判明するのですが、彼女が本当は記憶を失っていなかった事

全ては演技で計算だった!というのが、一番ビックリしましたね。。。

あの夜神月デスノート)を思わせる「計画通り」な表情も素晴らしかった(笑)

彼女は酪農家の家庭に組織から抜け出して拾われるたって言いましたが、

この家庭も“自ら調べて選んだ”ってのが特に恐ろしいね。当時8歳の子どもですよ。

こういう彼女の天才的な(いや悪賢い?w)キャラクターが、

“魔女”と呼ばれる所以かと。

 

 

 ●続編にも期待!

冒頭から“第1部”と表記されおり、

ラストも明らかに「続編がありますよぉ~♪」って感じの終わり方だったw

この映画は劇場で鑑賞していなかったので、

今度続編が日本で公開された場合は絶対に見に行きたいですな。

 

ちょっとどういう風な続き方をしていくのか想像しにくいけど。

第2世代の生みの親であるドクター・ペクも死に、超能力の戦闘員も全員倒され、

組織は壊滅しちゃったっぽいし。

ラストシーンで、そのペクと同じ顔をした姉妹が登場します。

また、その横にはジャユンが「お姉ちゃん」と呼ぶ謎の女性もいました。

この2人は何者なのか・・・?

ここら辺が次回の焦点になるのでしょう。

 

余談ですが、このドクター・ペクが、ジャユンを組織のアジトの中に捕らえて、

尋問するシーンは、物凄い『ハンナ』を彷彿とさせました。

監督が意識しているかは分かりませんが、

あの構図とほとんど同じで個人的にテンション上がりましたよ。

 

la-vie-en.hatenablog.com

 

★『ハンナ』(2011)

以前紹介したこの映画。

よく考えたらハンナジャユンと同じような境遇ですよね。

 

 

Amazonプライムビデオ↓↓↓

 

Blu-ray↓↓↓

女性アクション好きは絶対に見て損は無い。

個人的には非常に好みの作品でした。

 

 

【百合サイキックホラー映画】テルマ(2017) - 感想

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

テルマ(2017)

ノルウェーの人里離れた田舎町で、信仰心が深く抑圧的な両親のもとに育った少女テルマ。なぜか彼女には、幼少期の記憶がない。オスロの大学に通うため一人暮らしを始めたテルマは、同級生のアンニャと初めての恋におちる。募る欲望と罪の意識に引き裂かれながらも、奔放な彼女に強く惹かれていくテルマ。だが、それは封印されたはずの“恐ろしい力”を解放するスイッチだった。テルマは不可解な発作に襲われるようになり、その度に周りで不気味な出来事が起こる。そんな中、アンニャが忽然と姿を消してしまう。果たして、テルマの発作とアンニャ失踪の関係は? 両親が隠し続けてきたテルマの悲しき過去が明かされる時、自分すら知らない“本当の自分”が目覚め始める──。(C)PaalAudestad/Motlys

(引用:Amazonプライムビデオより)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

インパクトのあるジャケット写真ですね。

実際に見てもらえば、これとは異なる印象を受けると思います。

 

 

以前から気になっていたノルウェー映画テルマ』を見ました。 

ジャンルとしては「ホラー」になるそうですが、その要素は皆無に近い。

おそらく言われないと気付かないレベル。

ヒューマンドラマをメインに超常現象・・・少しSFが加わった感じかな。

そのため、ホラーを期待して見ると、間違いなく物足りないのですが、

恐怖演出が苦手な人でも、安心して見る事ができるかと。

 

作品の雰囲気としては基本的に静かな調子がずっと続いていきます。

北欧の映画!って感じですね。

以前に見た『獣は月夜に夢を見る』や『ブルー・マインド』に近い感じ。

まあ・・・このテの作品を狙って見ているのですが笑、テルマも自分好みでした。

(この2作はもっとホラー要素が強いけど)

 

★『獣は月夜に夢を見る』(2016)

 

★『ブルー・マインド』(2018)

 

 

今作はホラーとは違う、“別の意味”で恐ろしい...

いや悲しいと感じるシーンがありました。

その最たるものが、主人公・テルマの過去。

自身の感情が引き金となって発現してしまう超能力によって、

悲劇が起こってしまいます。

 

自分では気付いていませんが、彼女はテレポートのような能力があり、

ある人間に対しての感情が強くなると、その人間を別の場所に飛ばしてしまうのです。

また終盤ではパイロキネシス(発火)の能力も発揮します。

しかし『クロス・ファイア』のような、

意図して悪人を裁くダークヒーロー的演出では全くなく、

自分の意志とは無関係に能力を発揮してしまい、

それに対して何が起こったのか分からず苦悩する系。

 

★『クロスファイア』(2000)

 

 

ただ、そうした超能力の演出はそこまで多くは無い。

やはりヒューマンドラマに焦点が当てられている印象。

京城学校:消えた少女たち』という好きな韓国映画があります。

徐々に自分に隠された能力が開花していくという点では共通してますが、

あの作品では徐々に力が高まっていき、

最後に爆発する刺激的な演出だった覚えがあります。

その点でテルマとは異なりますね。

 

★『京城学校:消えた少女たち』(2015)

 

 

さて、ヒューマンドラマと言いましたが、

注目すべきは「家族の秘密」と「憧れの同級生」です。

 

作品の冒頭では父親が幼いテルマに銃を向けるシーンがあり、一気に引き込まれます。

先ほど言ったように、テルマは自身も知らない悲劇的な過去があり、

それに関係しているんですね。

両親が彼女の異変を知って、

幼い頃に“起こしてしまった事”について語り始めるんですが、これが本当に悲しい。

この主人公と家族との関係性、隠された秘密が見どころ。

 

そしてこの作品において、特に重要となっているのが、同級生・アンニャとの関係。

テルマは彼女に恋心を持ち始めて、百合ぃ~な感じになるのです。

しかし、厳格なキリスト教の家庭で育ったテルマにとって、同性愛はタブー。

そんな中、テルマの自分でも意図しない力によって、

物語中盤にアンニャは忽然と姿を消してしまう。

それに気付いたテルマは苦悩して。。。

 

まあ映画を見て思ったのは、この作品のテーマは「主人公の生き方」ですかね。

こうした辛い境遇から、最終的に彼女はどのような生き方を選択するのか。

ネタバレになるかもしれませんが、見終わった後は清々しい気持ちになりました

今までの悲劇がウソのように。

そのラストを確認してみて下さい。

 

 

Amazonプライムビデオ↓↓↓ 

 

★DVD↓↓↓

 

 

 

【人間味のある怪獣たち ※若干ネタバレあり】ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019) - 感想

 

 

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』見てきました!

5年前のハリウッド版ゴジラは劇場で見ていなかったんですけど、

今回は直接見に行きました。

 

とにかく迫力。迫力が凄かった。

こういう映画こそ劇場で見るべきだな!と思いましたよ。

ゴジラの圧倒的破壊力、キングギドラの強キャラ感、モスラの美しさ。

そしてラドンの舎弟っぷり(笑)

まあ、あんまり詳細に書くとネタバレになるから詳しくは書きませんね。。

 

映画を見る前に「昭和の雰囲気を感じる」という話を聞いたんですよ。

確かにゴジラたち怪獣に“人間味”があるというか、

単なる破壊の怪物のような雰囲気だけでは無く、感情を表すような描き方だったかも。

言いたい事は分かるかな?という感じでしたw

 

ゴジラモスラキングギドララドンが主に活躍するワケですが、

各地の巨大生物も目覚めるんですよね。

その中で「お前誰やねん???」と巷で話題になっている怪獣・マンモス

終盤で怪獣たちが集合するシーンがあるんですが、

他の怪獣はどっかで見た事あるやつらばかりなのに、

このマンモスだけ全く記憶にございませんね(笑)

しれっと登場するから笑えるw

そんな感じである種ネタにされてる感じですw

 

キャストで気になったのは、やはりチャン・ツィイーさん

モスラをメインに研究していた博士の役で出ていました。

最初はそうでもなかったんですが、中盤から一気に出番が増えたように思えます。

美しいですねえ。

 

そして他に個人的に良いな~と思ったのは、

あのお馴染みの「モスラの歌」のアレンジが流れた事。

特にエンドロールではガッツリ流れてました。

それに加えてみんな知ってるゴジラのテーマソングもかかってたし、

こういう部分に“ゴジラ愛”を感じましたね。

 

 

★『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964)

今回の映画と同じ4体がメインに活躍する昭和のゴジラ作品。

ラドンがハブられて、タイトルは「三大怪獣」となってるけども(苦笑)

 

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ